0120-488-468

目の下のくま・たるみ治療なら銀座CUVOクリニック

脱脂術のみで効果を出す、Dr.久保の技術力

当院では原則的にすべての目の下のくま・たるみ治療に経結膜的脱脂法を導入しており、下眼窩脂肪均一化と平坦化、およびリフトアップを促す独自のアイデザイン技術を施しております。
つまり、もともと存在している目の下の脂肪の柔らかさと、皮膚自体の弾力性から得られるリフトアップ効果を利用して、過剰な脱脂による凹みやしわ発生、脱脂不足による症状の残存、再発といったあらゆるリスクを軽減させ、目の下のくま、たるみの症状を治療することに成功しました。

目の下の手術のパイオニアDr.久保の術式について >>

【動画】脂肪注入の危険性がテレビで紹介されました >>

脱脂術のみで効果を出す、Dr.久保の技術力

リスク回避 痛み ダウンタイム 効果

リスク回避

合併症

2週間程度赤紫になることがあります。

目の変形

あっかんべー状態になってしまうことがあります。

傷跡

2~3日の圧迫痛がおこる場合があります。

目の下の凹凸

脂肪除去の過不足により凹凸になってしまうことがあります。

リスクに対するDr.久保の取り組み

痛み

フロー:麻酔時→手術時→術後

目の下のくま、たるみの治療において、痛みは3つのタイミングで起こります。当院では、患者様に起こり得る痛みを包み隠さず説明し、ケアをしていきます。

痛みに対するDr.久保の取り組み

ダウンタイム

フロー:当日~3日間 目やに・痛み・むくみ 1週間 腫れ 10日 赤・黄色の着色

目の下のくま、たるみ治療後のダウンタイムについて、知らない方も多いのではないでしょうか?Dr.久保がダウンタイムを時系列に沿って解決します。
※ダウンタイム・・・術後から復帰までの時間。

ダウンタイムについてDr.久保が解説

効果

写真:治療前→治療後

目の下のくま、たるみ治療後のダウンタイムについて、知らない方も多いのではないでしょうか?Dr.久保がダウンタイムを時系列に沿って解決します。

Dr.久保式脱脂法の効果の秘密

厚生労働省が通達する医療広告ガイドラインにより、術前・術後の写真の掲載が厳しくなっております。それは簡単に加工ができてしまうからです。銀座CUVOクリニックでは、厚生労働省の通達を真摯に受け止めております。症例写真のみではなく、動画で実際の症例をご確認してください。

【目の下のたるみ・くま治療】
治療前

【目の下のたるみ・くま治療】
治療3日後


動画が見られない方はこちらへ >>

ケース(1) Y.Mさん(38歳)

この患者様は目の下のたるみとくまの要素が重複している症状でした。症状を見たところ、単なる脱脂法での治療ではなく、リフトアップ(下眼瞼皮膚の拳上)も併せて行う治療が最適と判断し、脂肪を過剰に取りすぎず、最小限の脂肪摘出とリフトアップ(下眼瞼皮膚の拳上)による治療を行いました。治療3日後には目の下のくま、たるみが全く見られない状態になりました。

ご自身の症状に合った治療法を知りたい方はこちら >>

写真:ケース(2) N.Tさん(女性・19歳)

ケース(2) N.Tさん(女性・19歳)
【術後1ヶ月の体験談/くま治療】

周りの人によくなったね、よく寝てるの?と言われるようになり、人と目を合せて話ができるようになりました!
痛みは治療中はなく、治療後もまばたきをしたりするとたまに少し痛いだけで、出血も思った程少なかったです。(目ヤニがに若干血が混じる位)
1週間、2週間経つにつれて腫れが引き、鏡を毎日見るのが楽しいです!

体験談はこちら >>

直筆体験談

  • アンケート(1)
  • アンケート(2)
  • アンケート(3)
  • アンケート(4)

カウンセリングももちろんDr.久保が行います。

0120-488-468
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-1 東貨ビル1階

写真:カウンセリング風景

PAGE TOP