0120-488-468

目の下のくま、たるみ治療のリスクについて

目の下のくま・たるみ治療 銀座CUVOクリニックTOP  >  目の下のくま、たるみ治療のリスクについて

切る治療(=皮膚切開法)のリスク

あっかんべー状態(下眼瞼の外反)

原因

下眼瞼を切開することにより、外傷ができてしまうため、下眼瞼の外反(いわゆる”あかんべー”状態)などの後遺症が起きてしまいます。


CUVOの取り組み

銀座CUVOクリニックではこういった後遺症を回避するために、切らずに症状を改善する術式である経結膜的脱脂法を用いております。

Dr.久保オリジナルの術式とは >>


経結膜的脱脂術のリスク

目の下のシワ&凹みの症状が発生する可能性

原因

皮膚の弾力性が減少した中高年層以降の症例や、たるみ症状が強く、皮膚がゆるんだ症例では、一部分から余剰脂肪を過剰に摘出する不適切な脱脂法により、皮膚のアンバランスが発生します。この皮膚のアンバランスが原因となり、目の下のシワ、凹みの症状が起きてしまうのです。


CUVOの取り組み

この経結膜的脱脂法で失敗をしない術式がDr.久保が編み出したオリジナルアイデザイン技術になります。
経結膜的脱脂法を行う際は、一部分から過剰に脂肪を摘出するのではなく、その適量を慎重に見極めつつすべての箇所から平均的に脂肪を除去する脱脂術を行わない限り、凹みやシワの発生率が高くなります。銀座CUVOクリニックでは目の下の脂肪を平均的に除去する独自のアイデザイン技術でこのリスクを回避します。

Dr.久保オリジナルの術式 >>


+α治療のリスク ~脂肪注入~

合併症(感染症・目の下の凸凹発生)

原因

・注入の際に注入する脂肪が空気に触れてしまうため、感染症を引き起こす可能性があります。
・注入の際に下眼瞼脂肪のバランスの見極めを誤ると、目の下の凸凹発生の原因となります。


CUVOの取り組み

外科医療の鉄則である“Simple is best”を遵守し、+αの治療は本当に必要な患者様以外にはオススメしておりません。医療の大原則として根付いている、「外科手術において、可能な限り余計なことを回避し、出来るだけ単純な手法を行う」という治療方針を銀座CUVOクリニックは掲げております。そのため、従来の経結膜的脱脂法で効果を出すオリジナルアイデザイン技術を編み出しました。


施術を行う際のリスク

麻酔時のリスク

麻酔時のリスク

麻酔のリスクはこの2点が考えられます。
・麻酔時の痛み
・麻酔を行う行うことでのアレルギー反応が起きる

Dr.コメント

眼瞼への局所麻酔を行う前に、静脈麻酔、点眼による麻酔を行うため、痛みを伴うのは静脈麻酔の際になりますが、インフルエンザの予防接種などと同様な痛みです。
麻酔によるアレルギーをお持ちの方はお問い合わせ、カウンセリングの際にご相談ください。

麻酔に関する痛みについて >>


術中のリスク

術中のリスク

脱脂術を行うことにより、
一部分から余分に脂肪をとりすぎてしまい、皮膚にアンバランスが生じ、
凸凹や窪みが逆に目立ってしまうリスクがあります。

Dr.コメント

銀座CUVOクリニックでは、独自のアイデザイン技術により、目の下の脂肪を適切に、平近的に摘出することが可能です。これにより凸凹や窪みを発生させるリスクを最小限に抑えます。

独自のアイデザイン技術について詳しくはコチラ >>


術後のリスク

術後のリスク

術後は以下の症状が発生する可能性があります。
・腫れ
・痛み
・内出血
・目ヤニ
・むくみ
・着色

Dr.コメント

基本的に術後自然になじむまで、2週間~1ヶ月程度かかりますがかならず症状は治まりますのでご安心ください。術後の症状が心配な方には軟膏、痛み止めも処方しております。

術後から復帰まで、ダウンタイムについてはこちら >>


目の下のくま・たるみの再発のリスク

原因

脱脂術により目の下のシワ、凹みを発生させないために、必要摘出量より下回る脂肪しか摘出しなかった場合、効果を実感できず、目の下のくま・たるみが再発したかのように思います。


CUVOの取り組み

実際は、目の下のくま・たるみが再発したかのように見えるだけです。 脂肪細胞自体を取り除くと脂肪を蓄える細胞が減少するので、目の下のくま・たるみが原因となっている脂肪が再び蓄積することはありません。


8年後、10年後の崩れのリスク

原因

+αの治療により、異物を体に入れることが原因といえます。


CUVOの取り組み

異物を全く入れないオリジナルアイデザイン技術では、10年後の崩れの恐れはありません。


銀座CUVOクリニックは起こりうるリスクを全て開示し、患者様に真摯に伝えております。 リスクについてしっかりと理解をして頂いて、 一生に一度と言える手術をお決めいただきたいからです。 納得いくまでお付き合いいたします。 一度カウンセリングにお越しください。

カウンセリングももちろんDr.久保が行います。

0120-488-468
〒104-0061 東京都中央区銀座1?16?1 東貨ビル1階

写真:カウンセリング風景

PAGE TOP